名古屋市中区鶴舞の痛みの少ない歯医者さん

〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田3-8-10万長ビル2階
鶴舞駅6番出口から徒歩3分

診療時間
9:00~13:00 ×
14:00~17:30 ×

△:14:00~16:30/休診日:日曜、祝日

ご予約・お問合せはお電話ください

052-321-0114

当院の審美歯科(白い詰め物・被せ物)

審美歯科では「咬み合わせ認定医」の院長が治療を行い、腕の良い歯科技工士が詰め物・被せ物の作製を担当。見た目の美しさはもちろん、長持ちするものをお作りしています。
※保険外診療です

セラミックを使った、こだわりの審美治療

歯の黄ばみや銀歯が目立って気になるという方はいませんか? 当院では銀歯を白いセラミックの詰め物・被せ物にする治療も行っています。

審美歯科の治療で使用するセラミックにはたくさんのメリットがありますが、金属に比べて割れたり欠けたりしやすいというデメリットもあります。その原因の大半は歯が噛み合うときの力が強すぎることです。

そこで当院では、「日本顎咬合学会咬み合わせ認定医」の院長が、噛み合わせの調整を念入りに行うことで、そのデメリットを解決。長持ちする詰め物や被せ物をお作りします。

さらに噛み合わせだけでなく、口元を美しく見せるための基準となる「スマイルライン」や「エステライン」も意識し、お顔全体のバランスを考慮して歯の色や形などを決めることで、自然な美しさをご提供いたします。

またお口の型取りの際は、季節ごとの温度や湿度の変化に合わせて印象材(型取りの材料)の硬さも調整するなど、細部までこだわった精密な治療を行っています。こうすることで、より適合性の良い詰め物や被せ物を作ることが可能になるのです。

白い詰め物・被せ物に興味のある方は、ぜひご相談ください。

実績豊富な歯科技工所と提携

審美歯科において、セラミックの詰め物や被せ物の出来栄えは、歯科技工士の技術力に大きく左右されます。

そこで当院では、詰め物・被せ物の作製が得意で、実績も豊富な歯科技工所と提携。より質の良いものをご提供できるようにしています。さらに院内にも腕の良い歯科技工士が在籍していますので、急な対応が必要なときにも安心です。

色合わせが難しい場合などには、作製を担当する歯科技工士が診療に立会い、直接患者さまとお会いして歯の色調や形状、歯並びなどの細かい部分まで確認する場合があります。

立会いがない場合でもカメラで撮影し、担当の歯科技工士としっかり詳細を共有するので、お口の中だけでなく、お顔全体に合わせて細部までこだわった詰め物・被せ物を作ることが可能です。

オールセラミックインレー

ハイブリットセラミックインレーより強度があり、審美性もあります。また、色も変わりにくいのが特徴です。

小臼歯 39,900円(税込み)
大臼歯 45,150円(税込み)

ハイブリットセラミックインレー

セラミックとレジンを混ぜ合わせた材料でできているつめ物です。

小臼歯 24,150円(税込み)
大臼歯 30,450円(税込み)

ゴールドインレー

小臼歯 24,150円(税込み)
大臼歯 30,450円(税込み)

オールセラミッククラウン

かぶせ物全てがセラミック材料でできています。自然で美しく、透明感があり、天然歯とほとんど見分けがつきません。

オールセラミッククラウン 105,000円(税込み)

メタルボンド

かぶせ物の内側が金属でできています。強度があり審美的にも優れています。

メタルボンド 84,000円(税込み)

ハイブリットセラミッククラウン

セラミックとレジンを混ぜ合わせた材料でできているかぶせ物です。

ハイブリットセラミッククラウン 52,500円(税込み)

ゴールドクラウン

ゴールドクラウン 52,500円(税込み)

ラミネートべニア

歯の表面を薄く削り、薄い板状のセラミックを貼り付けることで、見た目に歯の変色を改善できたり、軽度なすきっ歯など歯の形を改善することができます。

ラミネートべニア 89,250円(税込み)

治療名:セラミック治療
治療説明:見た目や噛み合わせなどの改善を目的に、人工の歯(かぶせもの・つめもの)で補う治療法です
リスク・副作用:強い力をかけると割れる(欠ける)可能性があります。土台となるご自身の歯を削る必要があります(削る量は材質や個人差によります)。歯の状態によっては神経の治療が必要になる場合があります。治療時に出血を伴う可能性があります。

治療名:ラミネートべニア
治療説明:歯の表面を薄く一層削り、その上に薄い板状のセラミックを貼り付ける治療法です。
リスク・副作用:強い力をかけると割れる(欠ける)可能性があります。土台となるご自身の歯を削る必要があります(削る量は個人差によります)。治療時に出血を伴う可能性があります。